メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー W杯アジア2次予選 快勝の日本、後半不発

 7大会連続のワールドカップ(W杯)出場へ日本が白星スタートを切った。10日にヤンゴンであったサッカーの2022年W杯カタール大会アジア2次予選で、F組の日本(国際サッカー連盟ランキング33位)はミャンマー(同135位)を2―0で降した。

 後半途中から出場した久保建(マジョルカ)は日本代表のW杯予選最年少出場記録を更新した。18歳98日での出場で、1980年に風間八宏(当時筑波大)が記録した19歳67日を抜いた。2次予選は来年6月までホームアンドアウェー方式で行われ、次戦は10月10日、埼玉スタジアムでモンゴル(同187位)と対戦する。【ヤンゴン丹下友紀子】

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文1026文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. ORICON NEWS 相葉雅紀、ツーリング企画が海外進出 バイク大国ベトナム・ホーチミンへ 『嵐にしやがれ』5日間連続発表第3弾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです