メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

内閣改造 各担当相に対する声

 「被災地の苦境を知って」「安定感持って対応を」――。11日に第4次安倍再改造内閣が発足したが、途上にある東日本大震災からの復興や改善が見えない日韓関係、来年に迫った東京五輪・パラリンピックなど、国内外に課題は多い。それぞれの現場からは、担当相に対する注文や期待、不安の声が上がった。

スポーツ界も期待 橋本五輪相

 スピードスケートと自転車で冬夏計7回五輪に出場し、「五輪の申し子」と称される橋本聖子氏(54)の五輪担当相就任にスポーツ界からは期待の声が上がった。

 2000年シドニー五輪の女子マラソン金メダリストで、日本オリンピック委員会(JOC)で共に理事を務…

この記事は有料記事です。

残り1071文字(全文1352文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 沢尻エリカ被告保釈される 勾留先の警視庁東京湾岸署から

  3. 人生は夕方から楽しくなる 作家 北方謙三さん 人間臭いキャラクター、どれも自分の分身

  4. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  5. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです