メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「外交・安保の司令塔」交代、「78歳副長官」は留任…安倍官邸人事の理由

第4次安倍再改造内閣発足後の記者会見に臨む安倍晋三首相(左)=首相官邸で2019年9月11日午後6時2分、宮武祐希撮影

 内閣改造を機に、「外交・安全保障の司令塔」を担う国家安全保障局(NSS)の谷内正太郎局長(75)=外務省出身=が13日付で退任する。後任は警察庁出身の北村滋前内閣情報官(62)で、外務省の影響力が弱まり「経済重視外交」が加速するとの見方が広がっている。一方、官邸の内政トップの杉田和博官房副長官(78)は、安倍晋三首相が「安定」を重視し留任した。

この記事は有料記事です。

残り1255文字(全文1429文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです