「外交・安保の司令塔」交代、「78歳副長官」は留任…安倍官邸人事の理由

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
第4次安倍再改造内閣発足後の記者会見に臨む安倍晋三首相(左)=首相官邸で2019年9月11日午後6時2分、宮武祐希撮影
第4次安倍再改造内閣発足後の記者会見に臨む安倍晋三首相(左)=首相官邸で2019年9月11日午後6時2分、宮武祐希撮影

 内閣改造を機に、「外交・安全保障の司令塔」を担う国家安全保障局(NSS)の谷内正太郎局長(75)=外務省出身=が13日付で退任する。後任は警察庁出身の北村滋前内閣情報官(62)で、外務省の影響力が弱まり「経済重視外交」が加速するとの見方が広がっている。一方、官邸の内政トップの杉田和博官房副長官(78)は、安倍晋三首相が「安定」を重視し留任した。

この記事は有料記事です。

残り1255文字(全文1429文字)

あわせて読みたい

注目の特集