ZOZO側から株式売却打診 前沢氏「経営変えるタイミング」 記者会見で涙ぐみ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 インターネット関連大手ヤフーは12日、国内最大級の衣料通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZO(ゾゾ)を約4000億円で買収し、子会社化すると発表した。10月上旬から株式公開買い付け(TOB)を実施し、50・1%のゾゾ株取得を目指す。成長の柱に据えるネット通販事業を強化し、先行する米アマゾン・コムや楽天を追い上げる。

 ゾゾ創業者の前沢友作社長は同日付で退任。後任には取締役の沢田宏太郎氏が昇格した。TOBの買い付け価格は1株あたり2620円。筆頭株主として36・76%のゾゾ株を保有している前沢氏はTOBに応じる意向で、約30%分をヤフーに売却する。12日に開いた記者会見では時折涙ぐみながら、「ゾゾの経営の考え方、体制を抜本的に変えるタイミングだった。ゼロから事業を作り上げた感動があり、もう一度どこかで挑戦したい…

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文934文字)

あわせて読みたい

注目の特集