ヤフー、「EC3番手」に焦り ZOZO買収で「基盤拡大を期待」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ヤフーがZOZO(ゾゾ)を子会社化する背景には、成長の柱と位置づける電子商取引(EC)事業でアマゾンジャパン、楽天に後れを取る現状への焦りがある。若年層を中心に約800万人の顧客基盤を持つゾゾを傘下に収めて先行する2社を追い上げる構えだが、ゾゾの成長には近年、陰りも見える。思うような相乗効果を上げられるか、買収の成否はこれから問われる。

 「ユーザー属性が非常に補完的。両者ともに顧客基盤の拡大が期待できる」。ヤフーの川辺健太郎社長は12日、東京都内で開いた記者会見で買収の意義を語った。ゾゾが運営する「ゾゾタウン」の主な客層は若い女性。ヤフーは中高年が中心で、互いに顧客基盤を生かすことで相乗効果が見込めるとの見立てだ。

この記事は有料記事です。

残り1981文字(全文2293文字)

あわせて読みたい

注目の特集