メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米第7艦隊司令官が交代 横須賀基地で式典

 第7艦隊の司令官交代式であいさつするウィリアム・マーズ中将=12日午前、米海軍横須賀基地

[PR]

 米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)を拠点とする第7艦隊の司令官交代式が12日、同基地で開かれた。戦闘システム担当の海軍作戦本部次長だったウィリアム・マーズ中将が着任し、「平和と安定は簡単に手に入るものではないが、国際規範に基づいて同盟国とともに達成していきたい」と述べた。

     交代のフィリップ・ソーヤー中将は、静岡県・伊豆半島沖など第7艦隊管轄の海域でイージス艦の衝突事故が相次ぎ解任された前司令官の後任として、2017年8月に着任した。

     第7艦隊は、米国外に展開する艦隊の中で最大規模の戦力を誇り、西太平洋からインド洋にかけての広範囲を担当する。(共同)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

    2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

    3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

    4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

    5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです