メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タイ軍、米国製装甲車を導入 86億円で37台購入

タイ側に引き渡されたストライカー装甲車=バンコクの陸軍司令部で2019年9月12日、西脇真一撮影

[PR]

 タイが米国のストライカー装甲車を導入することになり、バンコクの陸軍司令部で12日、引き渡し式があった。タイ陸軍によると37台を購入。これとは別に米国から23台の無償提供を受け、計60台態勢とする。約5年続いたタイの軍事政権下で、軍事面での米国とタイの協力関係は冷却化したが、民政復帰を受けて再び協力が強化されている。

 ロバート・ブラウン米太平洋陸軍司令官は式典で、このタイプの装甲車が海外へ輸出されるのは初めてだと説明。タイと協力して「自由で開かれたインド太平洋」地域を支援していく考えを強調した。タイメディアによると、37台の購入費用は8000万ドル(約86億円)。

 2014年のクーデター以降、タイ軍事政権は中国への接近が目立ち、軍装備面でも中国製の潜水艦や戦車などの購入計画が明らかになっていた。一方、米国は、民政復帰を受けてタイへの兵器輸出を拡大し、中国に対抗する考えだ。また、米国はインド太平洋諸国の陸軍トップを集めた会議を今月9~11日にバンコクで開催。引き続き関与を強める狙いだとみられる。【バンコク西脇真一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです