メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タイ軍、米国製装甲車を導入 86億円で37台購入

タイ側に引き渡されたストライカー装甲車=バンコクの陸軍司令部で2019年9月12日、西脇真一撮影

 タイが米国のストライカー装甲車を導入することになり、バンコクの陸軍司令部で12日、引き渡し式があった。タイ陸軍によると37台を購入。これとは別に米国から23台の無償提供を受け、計60台態勢とする。約5年続いたタイの軍事政権下で、軍事面での米国とタイの協力関係は冷却化したが、民政復帰を受けて再び協力が強化されている。

 ロバート・ブラウン米太平洋陸軍司令官は式典で、このタイプの装甲車が海外へ輸出されるのは初めてだと説明。タイと協力して「自由で開かれたインド太平洋」地域を支援していく考えを強調した。タイメディアによると、37台の購入費用は8000万ドル(約86億円)。

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  5. 契約額は「22円」 三菱電機、ミサイル監視の衛星研究を驚きの低価格で受注

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです