メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビキニ国賠訴訟「被ばく隠し」訴え続け 高知の83歳元船員、がん抱え法廷へ 控訴審12日結審

自らの船員手帳を手に、裁判への思いを語る増本和馬さん=高知市で2019年8月29日午後4時27分、松原由佳撮影

 1954年に米国が太平洋・ビキニ環礁付近で実施した水爆実験を巡り、周辺で操業していた漁船の元船員や遺族ら29人が慰謝料など計約4200万円を求めた国家賠償請求訴訟の控訴審は12日、高松高裁で結審する見通し。元船員の多くが高齢で体調を崩して出廷が難しい中、高知市の増本和馬さん(83)はただ一人、全ての法廷で原告席に座り続けてきた。「我々は国に捨てられたまま」。先月には新たながんが見つかった。一日も早い救済を求めて、12日も高松に足を運ぶ。

 朝鮮半島生まれの増本さんは戦後、家族で父親の故郷・高知に戻り、17歳でマグロ漁船「ひめ丸」に機関員…

この記事は有料記事です。

残り1016文字(全文1287文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです