メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビキニ国賠訴訟「被ばく隠し」訴え続け 高知の83歳元船員、がん抱え法廷へ 控訴審12日結審

自らの船員手帳を手に、裁判への思いを語る増本和馬さん=高知市で2019年8月29日午後4時27分、松原由佳撮影

 1954年に米国が太平洋・ビキニ環礁付近で実施した水爆実験を巡り、周辺で操業していた漁船の元船員や遺族ら29人が慰謝料など計約4200万円を求めた国家賠償請求訴訟の控訴審は12日、高松高裁で結審する見通し。元船員の多くが高齢で体調を崩して出廷が難しい中、高知市の増本和馬さん(83)はただ一人、全ての法廷で原告席に座り続けてきた。「我々は国に捨てられたまま」。先月には新たながんが見つかった。一日も早い救済を求めて、12日も高松に足を運ぶ。

 朝鮮半島生まれの増本さんは戦後、家族で父親の故郷・高知に戻り、17歳でマグロ漁船「ひめ丸」に機関員…

この記事は有料記事です。

残り1016文字(全文1287文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです