メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「3000億年に1秒のずれ」原子核時計実現へ一歩 岡山大チームが基礎技術開発

トリウム229にX線を照射する分析機=吉村浩司・岡山大教授提供

 岡山大などのチームが、3000億年に1秒しかずれない「原子核時計」実現への一歩となる基礎技術の開発に成功した。実現すれば、標高によって異なる時間の流れを数ミリ単位の高低差でも計測できるという。成果は11日付の英科学誌「ネイチャー」電子版に掲載された。

 1秒は現在「セシウム原子が約92億回振動する時間」と定義され、「セシウム原子時計」は3000万年に1秒しかずれない。原子は原子核や電子で構成されており、原子核の振動を捉えられれば、より高精度な時…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  3. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  4. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです