メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「3000億年に1秒のずれ」原子核時計実現へ一歩 岡山大チームが基礎技術開発

トリウム229にX線を照射する分析機=吉村浩司・岡山大教授提供

 岡山大などのチームが、3000億年に1秒しかずれない「原子核時計」実現への一歩となる基礎技術の開発に成功した。実現すれば、標高によって異なる時間の流れを数ミリ単位の高低差でも計測できるという。成果は11日付の英科学誌「ネイチャー」電子版に掲載された。

 1秒は現在「セシウム原子が約92億回振動する時間」と定義され、「セシウム原子時計」は3000万年に1秒しかずれない。原子は原子核や電子で構成されており、原子核の振動を捉えられれば、より高精度な時…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文561文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. 維新の大阪・松原市議 本会議欠席して妻と沖縄旅行 体調不良を理由に

  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  4. 台風通過後、「陸の孤島」となった成田空港に響く歌声 足止めのスロバキア合唱団

  5. 松井・大阪市長「汚染処理水の受け入れ」可能性に言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです