メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食品廃棄物減らせば飢餓解消 食糧需要も抑制 立命館大チーム

廃棄される恵方巻きの材料と見られる食品廃棄物など=相模原市中央区で2019年2月3日午後0時4分、小川昌宏撮影

 先進国で食品廃棄物や食べ過ぎを減らすなど多面的な対策を取れば、世界全体の飢餓を解消しつつ、食料需要を2030年時点で予測値より9%程度減らせる――。立命館大などの研究チームが10日、こうした分析結果を英科学誌ネイチャー・サステナビリティーに発表した。農業などに由来する温室効果ガス排出量も21%程度削減できるという。

 世界で現在、8億2000万人以上が飢餓状態にあるとされ、国連の持続可能な開発目標(SDGs)は30…

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文808文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. 維新の大阪・松原市議 本会議欠席して妻と沖縄旅行 体調不良を理由に

  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  4. 台風通過後、「陸の孤島」となった成田空港に響く歌声 足止めのスロバキア合唱団

  5. 松井・大阪市長「汚染処理水の受け入れ」可能性に言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです