メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「なぜ沖縄だけ」司法に期待も「あきらめの境地」嘉手納爆音訴訟判決 肩落とす原告・豊浜さん

自宅近くの中学校前で米軍機の飛行ルートを見つめる豊浜光則さん=沖縄県うるま市で2019年9月9日午前11時5分、遠藤孝康撮影

 米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)の騒音被害を巡る11日の第3次爆音訴訟の控訴審判決は、またも米軍機の飛行差し止めを認めなかった。通っていた小学校に米軍戦闘機が墜落する事故を60年前に経験し、現在は早朝・深夜問わずまき散らされる爆音下での暮らしを余儀なくされる男性は訴える。「日米安保の名の下で、沖縄は『極東の要石』と言われ、まるで大きな軍艦みたいな扱いをされて……。どうして沖縄だけがそういう運命を背負わされないといけないんですか」

 「司法にわずかな望みをかけていたが、日米安保の下での国の政策にはやはり判断を示さなかった。あきらめ…

この記事は有料記事です。

残り1079文字(全文1348文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです