メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧「こどもの城」東京都が525億円で買収契約 五輪ボランティア拠点に

国立総合児童センター「こどもの城」=東京都渋谷区で2009年、伊藤俊文撮影

[PR]

 東京都は11日、2015年に閉館した国立児童館「こどもの城」(渋谷区)の土地と建物を国から525億円で買い取る契約を結んだと発表した。20年東京五輪・パラリンピックでボランティアらの活動拠点として活用後、生涯学習などの複合施設として全面改修する。

 契約は10日付。都は年度内に活用方法についての基本計画を策定し、東京大会後に周辺の都有地と一体で開発する。築30年を超えた建物は改修する。都は今年度当初予算に購入費など609億円を計上したが、不動産鑑定を考慮した結果、当初より約15%減額となった。

 こどもの城を巡っては、都が舛添要一知事時代の16年度、跡地を都立広尾病院の移転先にするために移転整備費370億円を予算に計上した。その後、小池百合子知事が白紙撤回し、広尾病院は現在地で建て替える一方、こどもの城は、建物のリニューアルを前提に買い取る方針を示していた。【森健太郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. 維新の大阪・松原市議 本会議欠席して妻と沖縄旅行 体調不良を理由に

  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  4. 台風通過後、「陸の孤島」となった成田空港に響く歌声 足止めのスロバキア合唱団

  5. 松井・大阪市長「汚染処理水の受け入れ」可能性に言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです