メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きしむ日韓

「旭日旗」五輪会場で容認方針 組織委「政治宣伝にならず」に賛否 日韓新たな火種か

旭日旗を掲げる艦船。旭日旗を巡り、自衛艦の韓国派遣が取りやめになるなど波紋を呼んでいる=京都府舞鶴市北吸の海自北吸岸壁で2015年3月25日午前10時33分、鈴木健太郎撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が今月、競技会場への旭日旗の持ち込みを容認する姿勢を示し、旗を「軍国主義の象徴」と問題視する傾向が強まっている韓国が反発している。日本側は取り合わない構えを見せてきたが、専門家からは「相手が嫌がるものをあえて持ち込むべきではない」との意見があり、五輪憲章が禁じる「政治的宣伝活動」に当たる可能性も指摘されている。【川崎桂吾、大島祥平、堀山明子、田原和宏】

この記事は有料記事です。

残り2731文字(全文2931文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

  3. こんぴらさん名物「石段かご」26日に終了 担ぎ手高齢化「苦渋の決断」

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. サラリーマン川柳 「我が家では 最強スクラム 妻・娘」 第33回サラリーマン川柳優秀100句を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです