メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海の幸「おいしい理由」は地層から? 鳥羽の男性寄稿が反響 古代「御食国」に共通点

ユニークな考察が掲載された「郷土史考 第九集」を手にする椎木真夏さん=2019年8月、林一茂撮影

 御食国(みけつくに)の豊かな海産物は地質に由来する? かつて御食国として都に貢いでいた三重県鳥羽市の海産物の「おいしい理由」について、全国的な地質分布との関連についてまとめたユニークな考察が「郷土史考 鳥羽・第九集」(鳥羽郷土史会)に掲載され、話題になっている。御食国だった地域は特定の地層が海に面しているという内容。執筆者は「偶然なのか必然なのか、科学的に解明する意義は大いにある」と主張している。

 注目を集めているのは、同会会員の鳥羽市安楽島町の団体臨時職員、椎木真夏(まなつ)さん(41)が寄稿…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文933文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  4. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  5. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです