メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水、スマホ電源、体調管理…「万一の長期停電の備え、どうしたらいい」 専門家に聞く

台風15号の影響による停電が続く住宅街(手前)。中央上はJR君津駅=千葉県君津市で2019年9月11日午後6時18分、本社ヘリから小川昌宏撮影

 台風15号の影響で千葉県を中心に広範囲で停電が続いている。大規模な長期停電は昨年9月、関西での台風被害や北海道地震の際にも起きた。長期間の停電が身近で起きた場合に備え、家庭でどんな準備ができるのだろうか。

 防災アドバイザーの高荷(たかに)智也さんは「どの生活用品が使えなくなるかを想定し、『日常備蓄』を心掛けてほしい」と呼び掛ける。まず、情報収集手段としても欠かせない存在になっているスマートフォン。電池切れにならないように、乾電池タイプの充電器と予備の電池を多めに購入すべきだとしている。

 停電すると断水するケースもあり、飲料水の準備だけでなくトイレの対策も必要だ。非常用トイレを1週間分用意すれば、停電だけでなく地震の時にも使える。明かりの確保としては、火事のリスクがあるろうそくは避け、LEDライトが便利だという。

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国軍機、台湾識別圏進入 異例の28機 米、圧力停止を要請

  2. インド農民、デモ2カ月 自由化反対、打開策見えず

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  5. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです