メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

足元に「ケンシロウ」 マンホールふた佐久駅前に登場

設置された「北斗の拳」のキャラクターをデザインしたマンホールに見入る武論尊さん(左)と柳田清二市長=佐久市のJR佐久平駅前で2019年9月8日、武田博仁撮影

 長野県佐久市と人気漫画「北斗の拳」の連携事業で、主要キャラクターをデザインしたマンホールのふた7枚が、同市のJR佐久平駅前に設置された。このほど現地で披露式があり、出席した佐久市出身の原作者、武論尊(ぶろんそん)さん(72)は「デザインはかっこいいと思う。ぜひ立ち寄って可愛がってほしい」と期待した。

 描かれたのは主人公「ケンシロウ」や「ラオウ」「ユリア」「ジャギ」など7種類。同駅蓼科口南側の歩道約300メートルの範囲にあるマンホール7カ所に配置し、全体が「北斗の拳」の象徴とも言える北斗七星の形にした。案内板も設けた。

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

  5. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです