茨城あおり運転「ガラケー女」デマなぜ広がった? 怒り共有、過熱する「犯人捜し」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ある朝突然、デマ被害の嵐に見舞われた女性。今も会社のホームぺージから、電話番号を削除したままだ=東京都千代田区で2019年8月30日
ある朝突然、デマ被害の嵐に見舞われた女性。今も会社のホームぺージから、電話番号を削除したままだ=東京都千代田区で2019年8月30日

 朝、起きたら虫になっていた、というのはカフカの「変身」だけど、今や事実は小説よりも奇、いや恐ろしい。目覚めれば、日本中から指弾される「犯罪者」になっていた、という時代なのだ。茨城のあおり運転暴行事件で、無関係の女性が同乗者と間違われたデマ被害のことだ。なぜデマは広がるのか?【吉井理記/統合デジタル取材センター】

 実はこの問題、ちょっとした変化があった。

この記事は有料記事です。

残り3318文字(全文3496文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集