メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥5種の繁殖など初確認 西之島で上陸調査 噴火活動で面積拡大

 環境省は12日、2013年以降の噴火活動で面積が拡大した小笠原諸島・西之島(東京都)の上陸調査で昆虫やカニ、貝類などが初めて確認されたと発表した。鳥類も、拡大前の旧島部分から離れた浜でもカツオドリの巣やヒナなどが見つかり、新しい生態系ができつつあるという。調査結果などを踏まえ環境省は、西之島の保全策や外来種対策、長期的な調査計画を年度内にまとめる方針だ。

 噴火後の上陸調査は2016年10月以来2回目で、9月3~5日に実施した。鳥類や昆虫、地質などの専門…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文667文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 園児をトイレに閉じ込め 東京・足立の認可保育園で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです