メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥5種の繁殖など初確認 西之島で上陸調査 噴火活動で面積拡大

 環境省は12日、2013年以降の噴火活動で面積が拡大した小笠原諸島・西之島(東京都)の上陸調査で昆虫やカニ、貝類などが初めて確認されたと発表した。鳥類も、拡大前の旧島部分から離れた浜でもカツオドリの巣やヒナなどが見つかり、新しい生態系ができつつあるという。調査結果などを踏まえ環境省は、西之島の保全策や外来種対策、長期的な調査計画を年度内にまとめる方針だ。

 噴火後の上陸調査は2016年10月以来2回目で、9月3~5日に実施した。鳥類や昆虫、地質などの専門家10人が参加し、17年の噴火に伴い、溶岩で新たにできた島南西部の浜も調査した。

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文667文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです