メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東名高速のあおり運転&エアガン男、8月に京都でも?

愛知県警本部=名古屋市で、鮫島弘樹撮影

 愛知県の東名高速道路で乗用車が後続のワゴン車にあおり行為を受けて、エアガンのようなものを発射された事件に絡み、京都市の名神高速道路上でも8月、男性が運転する車があおり行為を受け、エアガンのようなもので撃たれる被害があったことが捜査関係者への取材で判明した。愛知県警は、愛知の事件について40代の男に器物損壊容疑で逮捕状を取った。関連を調べるとともに、男の行方を追っている。

 捜査関係者によると11日朝、報道を見た男性から「8月に愛知の事件に似たワゴン車にあおられ、エアガンのようなもので撃たれた」と県警に相談があったという。男性は8月2日午後9時ごろ、京都市内の名神高速上で、黒のワゴン車から幅寄せやクラクションを鳴らされるなどのあおり行為を受け、エアガンのようなものを発射されたという。男性にけがはなかった。

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 東京都内で206人の感染確認 4日連続200人超

  4. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです