メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉26万戸で停電続く 県、41市町村に災害救助法適用

停電が続く自宅で懐中電灯をともして夜を過ごす夫婦。「片付けの疲れですぐ眠りに落ちても暑さで寝苦しい」と話した=千葉県館山市北条で2019年9月12日午後7時、北山夏帆撮影

 台風15号による大規模停電が起きて4日目となる12日、千葉県内では26万6200戸(午後10時時点)で停電が続いた。東京電力パワーグリッドによると、八千代市が全面復旧したほか、千葉市、四街道市、印西市の全域が同日中に復旧するとみているが、県全域で停電が解消するのは13日以降になるという。

 午後10時時点の停電戸数が多いのは、市原市2万8800戸▽千葉市2万8100戸▽南房総市1万9200戸▽館山市1万8100戸▽鴨川市1万6800戸――など。他電力からの応援2500人を含め、約1万1000…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文622文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北京で日本人拘束、官房長官認める

  2. ひこにゃんも天皇陛下の即位祝う 日の丸を手に登場

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです