メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MGC 陸上記者のレース展望

実績通りに運ばないのがマラソン 過去のレースから選手の特長探る

石井朗生編集委員

東京本社運動部編集委員・石井朗生

 MGCの男子を予想すれば、現日本記録保持者の大迫傑(28)=ナイキ、前保持者の設楽悠太(27)=Honda、昨年アジア大会覇者の井上大仁(26)=MHPS、昨年の福岡国際マラソン優勝の服部勇馬(25)=トヨタ自動車=と、実績で上回る4人の名前が挙がるのは当然だろう。

 だが、実績通りに事が運ばないのがマラソンの難しさであり、面白さでもある。MGCに出場する各選手が2015年9月以降の最近4年間に走ったマラソンの内容から、「4強」以外にも五輪代表争いに絡む力がありそうな存在に目を向けてみた。

 MGCは中盤まで比較的落ち着いたペースで進み、終盤で一気に勝負が動くと予想される。同様の展開を経験しているのが佐藤悠基(32)=日清食品=だ。昨年のベルリン・マラソンで第2集団のペースメーカーが不安定で中盤まで遅いペースになり、30キロから自ら一気に加速。35キロまでを14分台で走り、最後もほとんど失速せず、2時間9分18秒で6位に入った。

この記事は有料記事です。

残り1948文字(全文2383文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホンダ熊本が8強入り決める JR東日本は打線が沈黙 都市対抗

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 競馬ジャパンカップ アーモンドアイが有終の美 引退レースで最強証明

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです