メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原子力利用3原則「公開・自主・民主」 武谷思想、いまこそ 没後20年講演会、社会に訴える

武谷三男氏

 科学技術の安全性を問い続け、原子力平和利用の3原則「公開・自主・民主」を提唱した理論物理学者で思想家の故・武谷三男(たけたにみつお)(1911~2000年)の没後20年を前にした講演会が16日、東京都墨田区の江戸東京博物館で開かれる。主催する研究者らは、人工知能(AI)やゲノム編集などの先端技術が社会を一変させつつある今、「武谷の思想を基に科学技術と社会との関係を見直す契機にしたい」と期待している。【千葉紀和】

 武谷は福岡県出身で京都帝国大(現在の京都大)を卒業後、後にノーベル物理学賞を受賞する湯川秀樹と原子…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです