メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農and食 遠別農業高校 メロン栽培研究で地元貢献 /北海道

「ホクレンくるるの杜」で、自分たちが栽培したメロンを販売する園芸分会の生徒たち

 遠別農業高校(佐藤裕二校長)では、プロジェクト学習班「園芸分会」が、昨年からメロン栽培に取り組んでいる。今年度のメンバーは2、3年生の計6人だ。

 今年は地元の主要品種である青肉ネットメロン「G08」と、薄黄色の外皮と白緑色の果肉を特徴とするネットメロン「ムーンライト」を栽培した。メロンは通常、余分な枝葉に養分を取られないように、主枝の脇から生えてくる芽を摘む「脇芽取り」を行うが、ムーンライトはその作業が必要ないという。

 いずれの品種も4月中旬からポット苗を育て、5月中旬に校舎脇のハウス4棟のうち1棟(144平方メート…

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです