メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ICOM 地域で果たす役割を考える 伊達・博物館シンポ /北海道

研究者や市民ら約200人が参加した国際博物館会議のシンポジウム=北海道伊達市松ケ枝町のだて歴史の杜カルチャーセンターで

 京都市で開かれた国際博物館会議(ICOM、事務局パリ)の委員が10日まで、伊達市や洞爺湖町などを訪れた。2021年の世界文化遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」の北黄金貝塚のほか、来年4月に白老町にオープンする国立アイヌ民族博物館の建設予定地を見学し、地方博物館が地域で果たす役割を考えた。

 ICOMは国連教育科学文化機関(ユネスコ)の協力機関で、世界138国・地域の博物館や美術館の研究者…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  4. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  5. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです