メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

網走川流域でプラごみ調査 環境保全団体 /北海道

円すい状の器具を河川に沈ませてマイクロプラスチックを調べる美幌博物館の町田善康学芸員=北海道美幌町で

 プラスチックごみによる海の汚染が深刻化する中、プラごみを身近な問題として捉えようと、河川の環境保全に取り組む「網走川流域の会」は12日、美幌町内を流れる網走川でマイクロプラスチックの調査を実施した。今後、同川流域の計1市3町で調べ、結果は11月16日から始まる美幌博物館のロビー展で紹介する。

 マイクロプラスチックはプラごみが紫外線などで溶け、…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです