市職員が育てた「ホップ」を収穫 守谷市、地ビールに /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
黄緑色のホップの毬花(まりばな)をはさみで切って収穫する職員=茨城県守谷市大柏で会見した渡部勇次・水戸地裁所長=水戸市大町1で
黄緑色のホップの毬花(まりばな)をはさみで切って収穫する職員=茨城県守谷市大柏で会見した渡部勇次・水戸地裁所長=水戸市大町1で

 守谷市役所で10日、職員らが育てたビールの原料「ホップ」の収穫が行われ、約1・5キロを収穫した。静岡県御殿場市の「DHCビール」で製造し、市内の酒店で「地ビール」として10月中旬に限定販売する予定だ。

 市は、4月に庁舎の敷地内にホップ22株を植えた。伸びたつるが庁舎の窓ガラスを覆うようにし、職員の…

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文361文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集