メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ インターメディアテク(東京都千代田区) 芸術と科学、融合の展示 /東京

巨大な骨格標本などさまざまなジャンルの学術文化財が並び、視覚的に楽しめる=東京都千代田区のインターメディアテクで

 東京駅前にあるJPタワーの商業施設「KITTE(キッテ)」。かつて東京中央郵便局だったこのビルを所有する日本郵便と東京大学総合研究博物館(文京区)が協働で2013年に開館した。博物館でも美術館でもない「学術文化総合ミュージアム」を掲げる。

 東大が1877(明治10)年の開学以来、各研究室などから収集・蓄積してきた学術標本や研究資料が展示の中心だ。展示ケースや棚も、学内の講義室などで過去に使われていた備品を再利用。木張りの床など郵便局舎の姿を残す内装と相まって、レトロモダンな雰囲気が漂ってくる。

 巨大なクジラやキリンの骨格標本、色とりどりの鉱物、生薬が詰まった瓶、幾何学関数の模型、さまざまな動物の剥製、彫刻――。所狭しと並ぶ展示品は、その学術的な意味や価値がわからなくても、好奇心をくすぐられる。「自分の目で見て、発見し、驚くという体験の場」をコンセプトとしており、一般的な博物館のような時代やジャンルごとに整理された展示はせず、解説文もほとんどない。

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. NHK、大河と朝ドラの収録を一時休止 撮影現場で安全対策限界

  3. 特集ワイド 政府・与野党連絡協議会の次は 国難コロナで大連立機運? 対応専念で一時休戦/森友など覆い隠される

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 例外いろいろ「屋内禁煙」 罰則も効き目は未知数 改正健康増進法全面施行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです