メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島の今を伝える映像祭 震災と原発事故の記録 「失われた春」など7作品 東中野で21日から /東京

上映される「失われた春」の一場面

 福島原発事故にまつわる映像を集めて上映する「福島映像祭2019」が、21~27日、中野区東中野のポレポレ東中野とスペース&カフェポレポレ坐で行われる。2013年から毎年9月に開催されている映像祭は震災と原発事故の記録を伝え、福島の今を映し出してきた。

 映像祭は、NPO法人「OurPlanet―TV」(白石草代表)が主催、ポレポレ東中野が共催するイベント。同NPOはインターネットを使い、ジェンダーや子供、環境や人権などをテーマにドキュメンタリー番組などを制作、配信している。東日本大震災後は福島と原発事故を追いかけている。そうした中から、記録の継承と今を伝えようと映画祭が始まった。

 今回、上映されるのは、福島の里山を継続して記録したドキュメンタリー「失われた春」や被災地での障害者…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文790文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 競馬GⅠ 菊花賞 ワールドプレミアV

  4. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  5. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです