メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島の今を伝える映像祭 震災と原発事故の記録 「失われた春」など7作品 東中野で21日から /東京

上映される「失われた春」の一場面

 福島原発事故にまつわる映像を集めて上映する「福島映像祭2019」が、21~27日、中野区東中野のポレポレ東中野とスペース&カフェポレポレ坐で行われる。2013年から毎年9月に開催されている映像祭は震災と原発事故の記録を伝え、福島の今を映し出してきた。

 映像祭は、NPO法人「OurPlanet―TV」(白石草代表)が主催、ポレポレ東中野が共催するイベント。同NPOはインターネットを使い、ジェンダーや子供、環境や人権などをテーマにドキュメンタリー番組などを制作、配信している。東日本大震災後は福島と原発事故を追いかけている。そうした中から、記録の継承と今を伝えようと映画祭が始まった。

 今回、上映されるのは、福島の里山を継続して記録したドキュメンタリー「失われた春」や被災地での障害者支援の実話をもとに作られたフィクション「星に語りて~Starry Sky~」、富岡町出身の女性たちの語り部としての活動を記録した「富岡わが愛」(仮題)など映画5本とテレビ番組2本。その他、トークイベント三つが企画されている。

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文790文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. ENEOSが先制 一回から4連続安打 ホンダと対戦 都市対抗

  4. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

  5. 東京で新たに561人の感染確認 2日連続で500人超 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです