メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ショートメール

「記録されている」意識 /静岡

 車間距離を極端に詰めたり、幅寄せを繰り返したりするあおり運転がなくならない。茨城県の常磐自動車道で発生したあおり運転の末の殴打事件では、被害を受けた男性の車に取り付けられたドライブレコーダーの映像が大きく報道された。

 警察庁は悪質な運転には道交法よりも法定刑の重い刑法の暴行罪を適用するなど、全国の警察に積極的な取り締まりを指示している。県内では「あおり運転の可能性がある行為」として、極端な幅寄せなどの取り締まり件数が昨年は1743件に上った。暴行罪の立件となると被害…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです