メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MAINICHI芸術食堂

映画「記憶にございません!」 三谷映画の真骨頂 /愛知

主人公の黒田啓介総理を演じた中井貴一さん(中央)と共演者の皆さん(C)2019「記憶にございません!」製作委員会

 前作への失望感が大きかっただけに、半信半疑で三谷幸喜監督の新作映画「記憶にございません!」を見た。果たして、序盤は監督ならではの畳み掛ける面白さを感じられず、脚本・演出の衰えを本気で心配したが、杞憂(きゆう)だった。中盤以降はさすがの展開。なにより、見終わっての満足感が群を抜いていた。単に笑えるだけではない、三谷作品の真骨頂を味わえる一本。本物の政治家たちや、もちろん有権者に見てほしい。

 支持率2・3%! 国民から「史上最悪のダメ総理」と揶揄(やゆ)される黒田啓介(中井貴一さん)は、演…

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文987文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです