メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

信楽の器に県産食材 朝ドラに合わせ、松喜屋が新メニュー /滋賀

「松喜屋」の新しいランチメニュー「緋色御膳」=滋賀県庁で、菅健吾撮影

 甲賀・信楽が舞台のNHK連続テレビ小説「スカーレット」が30日に放送開始されるのを前に、近江牛専門店の老舗「松喜屋」(本店・大津市)は、近江牛など食材から器まで全て県産でそろえたランチメニュー「緋色(ひいろ)御膳」を開発した。「スカーレット」を機に、県の魅力発信や特産品の振興などを展開するキャンペーン「ほっと滋賀色」の一環。

 厳選した近江牛を低温熟成し、うまみ成分と柔らかさを引き出したステーキや牛鍋がメイン。草津産小タマネ…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  2. 「世界で最もパワフルな女性」独メルケル首相、グレタさんは100位 米誌

  3. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  4. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

  5. 「空飛ぶサケ」クマ牧場をゆく 寒風さらし上質トバに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです