メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと兵庫、大阪、京都

楽スポット お辨當箱博物館(京都市東山区) 「食」見直すきっかけに

花見で使われていた江戸時代の弁当箱=京都市東山区のお辨當箱博物館で、前本麻有撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 見・聞・楽>

 京都・五条大橋のすぐ近くに、江戸時代~明治時代の弁当箱が集められた「お辨當(べんとう)箱博物館」がある。どの弁当箱にも桜や蛍、紅葉といった季節のモチーフが、蒔絵(まきえ)や螺鈿(らでん)細工などの豪華な装飾で施されている。行楽、食欲の秋。日本人が大切にしてきた美と食文化を弁当箱から感じてみませんか。【前本麻有】

 博物館は1689年創業の麩(ふ)屋「半兵衛麸」の11代目、玉置(たまおき)辰次会長(84)が文化継…

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文955文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. GSOMIA継続 方針転換に輸出管理巡る日韓対話合意

  5. GSOMIA失効回避も 日韓経済の回復遠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです