メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党人事 与党県組織、期待の声 要職に2人 野党、改憲に警戒 /和歌山

 11日の内閣改造・自民党役員人事で、県選出の国会議員2人が党の要職に就いた。衆院議員の二階俊博氏(80)=和歌山3区=は党幹事長に留任。経済産業相を務めた参院議員の世耕弘成氏(56)は、党参院幹事長に起用された。一夜明けた12日、与党側の県組織が期待の声を上げた一方、野党側には憲法改正や地方創生を巡って警戒感もにじんだ。【黒川晋史、後藤奈緒】

 両氏は同日、東京都内で仕事に励んだ。二階氏は自身の派閥「志帥会」の会合などに参加。世耕氏は経産省の…

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文801文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 拳銃強奪事件 重傷の古瀬巡査が職場復帰 大阪・吹田

  5. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです