メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2社福法人を優良認定 若者の採用・育成に積極的 /和歌山

ユースエール認定通知書の交付式=和歌山県九度山町の友愛苑で、松野和生撮影

 若者の採用と育成に積極的で雇用管理が優良な中小事業所として、いずれも社会福祉法人の萩原(はぎはら)会(九度山町)と黒潮園(新宮市)が「ユースエール認定」を受けた。認定されるとハローワーク(公共職業安定所)で重点的に情報を紹介してもらえるなどの支援を受けられる。

 ユースエール認定は若者雇用促進法(2015年施行)に基づいて厚生労働相が認定する制…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど会場周辺で容認へ 警視庁検討

  3. ロシア・ザギトワ選手「活動停止」 事実上の引退宣言の可能性 18年平昌五輪“金”

  4. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  5. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです