メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県、130億円補正予算案 災害対策で県土強靱化 /徳島

 県は11日、130億6638万円の2019年度一般会計補正予算案を発表した。「県土強靱(きょうじん)化」の推進を柱に、落石対策や浸水対策といった公共事業費78億6900万円などを盛り込んだ。補正後の予算総額は5076億7038万円となる。これとは別に、県の公共事業で、次年度に予算を計上する工事を前倒しで入札契約・発注の手続きができるゼロ県債の債務負担行為10億円を計上した。19日開会の県議会9月定例会に提出す…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです