メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銅剣形石製品が出土  弥生中期末、祭事用か 「平形」模したものは全国初 阿南・加茂宮ノ前遺跡 /徳島

加茂宮ノ前遺跡から出土した銅剣形石製品=徳島市で、松山文音撮影

 県と県埋蔵文化財センター(板野町)は、阿南市加茂町の加茂宮ノ前遺跡から、弥生時代中期末(約2000年前)に祭事で使用されたとみられる「銅剣形石製品」が見つかったと発表した。瀬戸内地方域で多く見られる平形銅剣を模して作られた「平形」石製品の出土は全国初という。【松山文音】

あすから展示 県埋文センター

 遺跡内のたて穴住居跡から出土し、長さ24・1センチ、幅5・4センチ、厚さ1・4センチ、重さ120グラム。黒い堆積(たいせき)岩製で、先端部分は欠損していた。

 県埋蔵文化財センターや愛媛大ミュージアムの吉田広准教授によると、銅剣形石製品は全国で80点が出土し…

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです