台風15号 千葉停電、23万戸継続 八千代市は全面復旧

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
停電が続く自宅で懐中電灯をともして夜を過ごす夫婦。「片付けの疲れですぐ眠りに落ちても暑さで寝苦しい」と話した=千葉県館山市北条で2019年9月12日、北山夏帆撮影
停電が続く自宅で懐中電灯をともして夜を過ごす夫婦。「片付けの疲れですぐ眠りに落ちても暑さで寝苦しい」と話した=千葉県館山市北条で2019年9月12日、北山夏帆撮影

 台風15号による大規模停電が起きている千葉県内では、13日午前0時時点で23万5900戸で停電が続いた。東京電力パワーグリッドは12日午前、千葉市と四街道市、印西市の全域が同日中に復旧するとの見通しを示したが実現しなかった。設備の改修を急ぐが、県全域で停電が解消するまでの日数は見通せていない。

 13日午前0時時点の停電戸数が多いのは、市原市2万4200戸▽千葉市2万1500戸▽南房総市と館山市がそれぞれ1万8100戸▽鴨川市1万5000戸――など。他電力からの応援を含め、約1万1000人態勢で作…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文628文字)

あわせて読みたい

注目の特集