メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

政治家の劣化が表すもの 長期政権に欠ける緊張感=松田喬和(客員編集委員)

参院選の結果を受けて記者会見に臨む安倍晋三首相=東京都千代田区の自民党本部で2019年7月22日、川田雅浩撮影

 相次ぐ政治家の暴言や不祥事に接すると、「政治の劣化は政治家の劣化によるもの」と思われてならない。最近の例をみても、岩手県出身の自民党衆院議員のパーティーで「復興以上に議員が大事」と発言した五輪担当相が辞任。安倍晋三首相らの地元の公共事業で「(首相らの意向を)そんたくした」と広言した副国土交通相も辞任した。「口利き金銭要求」と週刊誌に報道された厚生労働政務官が辞任したのは記憶に新しい。

 国会内の書店に顔を出し、国会議員の読書傾向を尋ねたところ、「かつての新人議員は、議員会館の事務所に…

この記事は有料記事です。

残り1762文字(全文2006文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです