メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滝野隆浩の掃苔記

いまこそ中国に学べ

講演する中国の葬送協会副会長の王計生氏

 葬送事業者による日本最大級の「エンディング産業展」が8月下旬、東京ビッグサイトで開催された。葬儀や墓の最新動向を知りたくて毎年欠かさず見に行っている。今年は中国の事業者を多く見かけた。

 中国は空前の葬送ブームで盛り上がっているらしい。経済成長期に人は葬儀や墓にカネをかける。日本もバブル期まではそうだった。3年前に日本葬送文化学会の中国研修に同行し、広大な霊園に建ち並ぶ銅像付きの墓を見て度肝を抜かれたのを思い出す。

 65歳以上の人口は約1億6000万人という。高齢者が増えて、土葬が主流だった国で「墓は環境問題」と…

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文860文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  2. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. 最後のセンター試験、開始 志願者55万人 21年から大学入学共通テストに

  5. 墜落の737MAX、ソフトにまた不具合 運航再開遅れる可能性 ボーイング公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです