メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米データ社会の行方は? 情報流出端緒、FB離れ

フェイスブックの取り組みの変化

 巨大IT企業への逆風が、その拠点である米国で強まっている。きっかけは、昨年3月に発覚したフェイスブック(FB)の個人情報流出問題だ。FBへの不信感は利用者離れを生み、巨大IT企業に対する当局の規制強化も始まった。一方で、FBなどが生み出したビッグデータを活用する流れは加速する。揺れる「データ社会」の現状を報告する。【横山三加子】

 米ニューヨーク市在住でサイバーセキュリティー関連会社経営のタジン・カーンさん(28)は昨秋、FBのアカウントを消した。14歳だった2006年から使い始め、FB上の友達が2000人近くに上った時もあった。友達との連絡に手間がかかるなど不便さを受け入れてまで消去したのは、「FB上の出来事やデータに気を取られるのが嫌になった。それにFBのプライバシー対策にも賛同できない」からだ。

この記事は有料記事です。

残り3193文字(全文3548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  2. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  3. 餌代ありがとう ヒツジ200頭、感謝を込めて「うし」 千葉・マザー牧場

  4. 全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

  5. 「限界。今こそ経済より感染対策を」 崩壊寸前の医療現場 影響は一般患者にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです