メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「認知症安楽死」に無罪 医師の刑事責任認めず オランダ

 オランダで、認知症が進んだ患者に十分な意思確認をせず安楽死させたとして起訴された医師(68)に対し、ハーグの裁判所は11日、無罪判決を言い渡した。オランダで2002年に安楽死を認める法律が施行されて以降、安楽死にかかわった医師が刑事責任を問われた初めての事件として注目を集めていた。

 検察の発表文などによると、医師は16年4月にオランダ国内の高齢者福祉施設で74歳の認知症患者を安楽死させた。患者は症状が軽い段階で、施設に入所するほどに症状が重くなった場合には安楽死を望むとの事前指示書…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文612文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです