メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

適量の食品、飢餓救う 立命館大など効果分析

 先進国で食品廃棄物や食べ過ぎを減らすなど多面的な対策を取れば、世界全体の飢餓を解消しつつ、食料需要を2030年時点で予測値より9%程度減らせる――。立命館大などの研究チームが10日、分析結果を英科学誌ネイチャー・サステナビリティーに発表した。農業などに由来する温室効果ガス排出量も21%程度削減できるという。

 世界で現在、8億2000万人以上が飢餓状態にあるとされ、国連の持続可能な開発目標(SDGs)は30…

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文656文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです