メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯2019

ドクター、父と同じ芝に 選手の安全守る「重責」 名将・宿沢広朗さん長男

ラグビーの関東大学リーグ戦で、学生たちにけが人の搬送方法を研修指導する宿沢孝太さん(左から2人目)=長野県上田市で2019年9月1日、武田良敬撮影

 20日開幕のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、日本代表が1991年にW杯で初勝利を挙げた時の監督、故宿沢広朗(しゅくざわひろあき)さんの長男孝太さん(38)が、選手の安全を守る医師「マッチ・デイ・ドクター(MDD)」を務める。「私たちの判断が時に選手の命や勝敗にも影響する。ミスのないようにしたい」と意気込んでいる。【武田良敬】

 孝太さんは81年、広朗さん(2006年に55歳で死去)が銀行員として赴任した英国で生まれた。4歳で…

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1001文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 前田、鈴木が東京五輪代表に内定 マラソン女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです