メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲秋場所 朝乃山、無欲の初金星

朝乃山(左)が寄り切りで鶴竜を破る=東京・両国国技館で2019年9月12日、藤井達也撮影

5日目(12日・両国国技館)

逸ノ城が休場

 大相撲秋場所5日目は12日、東京・両国国技館で行われ、横綱・鶴竜は朝乃山に寄り切られ、今場所初黒星を喫した。朝乃山は初金星。角番の2大関は、栃ノ心が初顔の友風をはたき込みで降して2勝目。豪栄道は大栄翔を引き落とし、1敗を守った。

 10勝以上での大関復帰を目指す関脇・貴景勝は、北勝富士を突き落とし、平幕の隠岐の海とともに初日から無傷の5連勝とした。幕内最軽量98キロの炎鵬は、80キロ重い大翔鵬を突き落として4勝目。

 東前頭2枚目の逸ノ城が右肩関節脱臼で5日目から休場した。

この記事は有料記事です。

残り1122文字(全文1380文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. 社説 抗生剤のリスク 安易な使用は見直したい

  5. 行政ファイル 福山で15人食中毒 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです