メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラインブレーク

ラグビーW杯日本大会 第6部 ジャパンのライバル/4止 スコットランド(世界ランク7位)

フランスとのテストマッチでPGを狙うスコットランドのグレイグ・レイドロー。正確なキックでチームを引っ張る=喜屋武真之介撮影

FWバックス一体強み スコットランド 第4戦・10月13日 横浜・日産スタジアム

 伝統の強力FWに加え、世界トップクラスのハーフ団がリードするバックス陣が充実期を迎えた。前回のワールドカップ(W杯)イングランド大会で日本が唯一黒星を喫したスコットランド。日本が史上初の8強以上を実現するため、乗り越えるべき壁である。

 2017年に就任したタウンゼント監督の下、FW、バックス一体の展開ラグビーに力を注ぐ。15年W杯を経験したSHレイドロー、SOラッセルのコンビは円熟味を増し、状況判断に優れている。積極的にボールを動かすだけではなく、ハイパントなど効果的なキックで相手を揺さぶる。

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文929文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 佐世保に仮面ライダー現る 1号と2号? 果たしてその正体は…

  4. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

  5. 菅首相の声だけ流れる「グループインタビュー」はなぜ行われたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです