メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

MGC、選手強化の妙薬 五輪選考「一発勝負」 15日号砲

近年の五輪マラソン代表選考を巡る騒動

 東京五輪のマラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が15日、東京都内で開かれる。出場条件を満たした男子31人、女子12人が明治神宮外苑を発着点に本番とほぼ同じコースで争う。五輪代表は男女各3人で、MGCの上位2人が代表に即時内定し、3位も有力候補となる。ほぼ「一発勝負」の新たな試みは低迷、混迷する日本マラソン界の妙薬となるか。

 東京都内で11日夜に開かれたMGCの見どころを語る催しで、日本陸上競技連盟マラソン強化戦略プロジェクトリーダーの瀬古利彦氏(63)の言葉が熱を帯びた。「直近の五輪3大会で日本は大惨敗。また同じ成績になるとの危機感があり、全く違うもの(選考システム)を作った」。MGC創設の出発点は選手強化にあったことを強調した。

この記事は有料記事です。

残り2135文字(全文2470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  4. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  5. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです