連載

トレンド

企業の経営方針や業績、旬の商品やサービスなどを紹介します。

連載一覧

トレンド

配線器具新工場、インドに検討 パナソニック

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <週刊金曜経済 Kin-yo Keizai>

 パナソニックはインドでのスイッチやコンセントなど配線器具の生産拡大のため、同国内4カ所目の工場建設の検討を始めた。経済成長を続けるインド市場で住宅向けの配線器具の需要が伸びていることに対応。インドや中東などで販売を拡大し、2020年度に配線器具市場で売上高首位を目指す方針だ。

 配線器具事業を担当するエナジーシステム事業部の白沢満・パワー機器ビジネスユニット長がインタビューで明らかにした。白沢氏は「インドではあと1~2年で生産能力が足りなくなる。経済成長を背景に、スイッチなど配線器具の高機能品の需要が伸びていることに対応する」と説明する。

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文663文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集