メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

ネクタイ 奈良県平群町・佐藤小百合(パート・54歳)

 今年3月に父が亡くなり、実家を処分することにした。月に1回ほど片付けに通っている。両親の世代は本当にものを捨てられない。衣類、小物、粗品、景品……。とにかく捨てることに閉口している。

 そんな中に、見覚えのあるネクタイが出てきた。小学校高学年の頃、父の日にあげたものだ。鹿(か)の子(こ)模様の深緑色のネクタイだったと思うが、模様の上をカビが覆い、汚く、えたいの知れないものに変わっていた。それでも、私があげたものとすぐに分かるのには理由があった。

 父は陶器工場に勤めていた。毎日、胸ポケットに社名と自分の名前が入った作業着で出勤し、一日の汚れを工…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです